歴史について

ビュートはちょうど20周年を経過した自動車です。その歴史はいろいろと在りますね。
ビュートの初代は、1993年1月に初代ビュートが販売開始をしました。エアバックを搭載しており、1000ccと1300ccが選ぶことができました。その2年後にマーチ・ガブリオレの発売に伴いビュートコンバーチブルを追加したビュートが販売したのです。しかし、2001年に1300ccのCVT車をグレード停止し、2003年で販売中止になりました。光岡認定中古車として販売中です。

 
そして2005年に2代目のビュートが販売開始しました。そして、2010年まで2代目ビュートは活躍していき生産終了になり、特別装備で、認定中古車のビュートさくらが発表されました。そして、現在ある3代目が2012年5月より販売開始、今に至ります。
 
このようなビュートの歴史があり、古くからビュートは頑張ってきたのですよ。非常に趣のある車で、昔から「この車がいい」と思っているファンが多い車種の一つといえるでしょう。性能もかなり高いので、安定して乗車することができる車の一つとして、根強い人気を誇っているのも事実です。現在では、なかなか見かけなくなった分野の車ではありますが、非常に現在も評価が高く、安定した存在感を発揮しているといえるのではないでしょうか。ぜひ、グレードの高さを肌で感じてみてほしい車の一つではあります。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。